税金の使い道

3月 5th, 2010 by 法人税&法人税

今の日本は不況の影響で法人税をはじめとして税収が大きく減少しているといわれています。
このような状況ですので、日本の税収が国債に頼りがちになるそうな傾向ですね。

このような状況が続くと、法人税をはじめとして各税が上がってくるとこはありえる事態になりそうですよね。
ですが社会や景気対策としては税率は下げた方がよいのだけど、国の財源まで減ってしまってはどこかでまかなわなければならないのは明白ですよね。
前の選挙で子ども給付金のことを大きく報道され、導入を待ち望んでいる人も多いとは思いますが、その子ども給付金にかかった税収のしわよせがくるのは当の子どもたちの時代になるのではないでしょうか。
法人税などで集めたお金を国の人に使うのはいいことだとは思いますが、まずその前に必要な所も考えなければならないところも多いと思います。

事業仕分けで税金の使い道が関心を浴びました。どういったことにどういった税金が使われているのかということを知る機会として良かったことだとおもいますが、これからの将来のための税金の使い道までも削られていたような印象を受けました。
確かに今現在の状態をなんとかすることも必要ではあるとおもうのですが、今だけをなんとかするのに、未来のことを全く考えないなんてことのないように将来のことを考えた使い道をしてもらいたいものです。
大きな金額を納めている法人税ですので、将来につながるものに使ってほしいものですね。

Comments are closed.