ヤフーの修正申告

7月 21st, 2010 by 法人税&法人税

先月ヤフーが親会社のソフトバンクの子会社買収などに絡み、東京国税局から540億もの申告漏れがあったと指摘されました。
追徴課税はなんと250億以上になるということで、ヤフーとしては納得できないと意義申し立てをするようです。

ソフトバンクからSBIDCスリューソンズを450億で買収し、その後吸収合併すしたのですが、SBIDCには繰越欠損金が220億あったそうでヤフーとの合併で節税されたことが国税局からは、繰越欠損金を使って減少させてソフトバンクの資金需要を増やすという理由で買収金額に上乗せさせたということで、これは節税にはあたらず今回修正申告を言われたそうです。

ヤフー側はこの買収がコスト削減、基盤構築といた事業上で必要な買収であったとし国税局の修正申告に反論して不服申立を行ったようです。
そしてソフトバンク側では売却価格の調整が行われ、240億の特別損失を計上すると発表しまいした。

こういった修正申告や脱税に関するニュースは良くみるのですが、このように不服申立のその後どうなったなどあんまりニュースで伝えられませんね。
ただ見過ごしている可能性もあるのですが、にしてもこういった大企業の額になるとすごいですね。
不服申し立てで却下されたとしてもそれだけの修正申告を払うことができるのでしょうか。

ヤフーといえばヤフオクが有名ですが、利用者の税務申告も怪しいですね。
ヤフオクで儲けている人は早めに申告しておかないと、数年後ものすごい額の修正申告をしなければならなくなりますよ。
ヤフオクでももちろん収入があれば税金を払わなければなりません。気をつけたいですね。

Comments are closed.