修正!法人税 ~期限~

4月 20th, 2008 by 法人税&法人税

3月になると「確定申告は、お早めに!」という言葉を耳にすると思いますが、これは所得税の確定申告の期限が3月15日だからです。
ここでは、修正申告を知る前に確定申告の概要をみていきたいと思います。

確定申告期限・納付期限
日本は所得税や消費税等は自ら申請し納付する義務があります。
そのことを「確定申告」といい、それぞれ期限が設けられています。

所得税
個人の所得に課税する所得税は、1年間の所得について、翌年2月16日から3月15日までの期間期限となります。
納付期限は通常3月15日となります。

消費税
個人の消費税の提出期限は、申告と納付の期限は同じで翌年3月31日までとなっています。

確定申告書
確定申告期限により、確定申告書は次のような名称で呼ばれることがあります。
これは、税務署が提出する期限を中心に考えているためこのような呼び方がされます。
・期間内申告書
 期限までに税務署に提出した確定申告書を、「期限内申告書」といい、期限内であれば何回訂正しても1番最新のものがその年の確定申告として認識されます。
・期限後申告書
 期限を過ぎて申告した確定申告書を「期限後申告書」といいます。期限より遅れてしまうとペナルティーがつくことがあります。
ペナルティーがつくのは個人も法人も同じです。
  

修正!法人税 ~確定申告を知る~

4月 5th, 2008 by 法人税&法人税

修正申告を語る前に、まず知っておきたいのが確定申告のことです。
法人でも確定申告があるために知っておく必要があります。
確定申告書の種類やどのようなものが該当するのかを調べてみました!
◆確定申告書の種類
1 申告書(通常の場合に使用)
2 還付申告用の申告書(所得はないが他に申告する必要がある場合に使用)
3 公的年金の申告書(公的年金の所得だけの場合に使用)
4 分離課税用の申告書
 ・山林・土地・建物を売却した人が所得とは別に税額を計算する場合
5 損失申告用の申告書
 ・申告をする年に事業や不動産の所得で赤字がある場合や控除し切れなかった場合
 ・所得から控除額を控除してしまうと赤字になる人
 ・その年の所得から繰越損失額を控除すると赤字になる場合
6 修正用の申告書 修正を行う場合